赤ちゃんはなぜ泣くのか

赤ちゃんはとてもかわいいものですので、一日中見ていても飽きないものです。とはいうものの、泣いているとどうしてこんなに泣くのだろうか?と不安に感じるものです。


では、そもそも赤ちゃんはなぜ泣くのでしょうか?いろんなことが原因としてあげられますが、一つはおなかがすいているということがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、胃がまだ小さいですから、一度にミルクを飲む量は限られています。

そのため、何度もミルクをほしがります。

All Aboutをあなたに紹介致します。

それで、泣いている場合ミルクを与えましょう。



母乳はほしがるだけ与えても大丈夫ですので、おなかが満たされて落ち着くまでいっぱいあげましょう。

しかし、粉ミルクの場合は、一日に与える量が決められていますのでその量をきちんと守るようにしましょう。


しかし、おなかが満たされているのに泣く場合があります。

別の原因としとては、おむつが濡れていて気持ちが悪いという場合があります。


おむつを確認してみましょう。

赤ちゃんが泣くの知りたかった情報がきっと見つかります。

おむつがかなり濡れていてもまったく気にしない子もいれば、少し濡れただけでも泣く子がいますので、もし少しでも濡れていてすぐに気になる子であれば、その都度おむつを替えてあげて気持ち良い状態にしてあげましょう。
お腹がすいている、おむつが濡れている、といったこと以外でも泣きます。


それは、お母さんに抱っこしてほしい、かまってほしい、といったことです。
そういう時にはお母さんはたくさん抱きしめてあげましょう。


Copyright (C) 2016 赤ちゃんはなぜ泣くのか All Rights Reserved.